--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09.30 17:08|白黒エンジェルズ
コタロウさん、9/28 に無事手術が終わりまして、本日、9/30 に退院しました!

本当なら 10/3 の退院だったのですが、病院でハンストされたそうで(汗)

水曜日(28日)、手術が終わった後に先生から電話を頂きました。

「手術、無事に終わりました。麻酔からも覚めてます。」
「でね、(術前に入院してたときも)ご飯食べないしトイレもしないから、
 金曜日に迎えにきてくれる?」

は、はい???

術後3日(ていうか2日?)で退院していいんですか?!

ママン、若干ワタワタしました。
予定よりずいぶん早い帰宅だし、大丈夫なんだろうか、と。
でもおうちに居る方がコタも安心するだろうし、となったら急いでお迎え準備を!

ということで、術後服やらエリザベスカラーやら、
前の手術の後に使ったグッズをせっせと取り揃えまして、
(術後服、捨てなくてよかったよ・・・)
本日お迎えに行ったわけです。

まぁ、3回目ですしね。慣れたもんですよw

前と同じく、1ヶ月のアンモニア降下剤の投与と、3ヶ月の療法食、
あとは何かおかしい点があればすぐにかかりつけ医のところへ、
ということで、無事帰宅。

一番気がかりだったのが、術後の発作のことですが、
「起こる可能性はあるけど、出るとすれば1回目の手術のときの方が確率は高い。
 今回は3回目だし、大丈夫だとは思いますよ」
とのこと。それでも1週間は発作の可能性があるので十分注意してください、
と言われました。

今日、退院の時に色々説明してくれた先生は、メインの先生ではなく
補佐の女性の先生(といってもキャリア10年以上のベテラン、めっちゃ明るい)
だったのですが、
「もう会えないのは寂しいけど、もう来ちゃダメだよ」
と言ってくれました。
「シャントは大抵、1、2回の手術で完治するんですけど、
 この子はちょっと先が読めない・・・ので、定期的にかかりつけ医の
 ところで検査を受けてくださいね」

はい、つまり、コタさんはまた再発する可能性があるかもしれないということです(涙)

シャントが再発する原因ってよくわからないんですよね・・・
また再発するようなことがあったら、ホント、ママン死んでしまいますよ・・・。

コタロウさん、おうちに着いたら一通り全ての部屋をチェックして、
今はせっせと毛づくろいしていらっしゃいます。
トイレでしっかり出すものも出してくれました。
でもまだご飯を食べてくれない・・・
後はご飯をしっかりモリモリ食べて欲しいところです。

あとねぇ・・・コジロウが問題・・・(汗)

執拗にコタを追いかけて、ニオイを嗅いでは「シャー!」
ママンがコタの側に居ると自分もやってきてコタに「シャー!」

あー・・・しばらくはこんな感じなんだろうなぁ。
コジも「なんか知らないのがいる!!」って困惑してるみたいです。
術後服には事前にコジのニオイをつけておいたんだけど、
やっぱりそれよりも病院のニオイ(あの独特のニオイ)の方がきついよね(>_<)

まぁゆるゆると、のんびり様子見するしかないかなー。

ちなみに、

2年前の術後服が、今ぱっつんぱっつんなのは・・・内緒☆
(2年前:4.4kg、今:5.8kg(汗))


オマケ。

ブログに写真もアップしたかったのですが、やり方ど忘れしたので挫折 orz
Twitterの方にはゆるゆると画像をアップして行きます。多分w
スポンサーサイト
2016.09.16 11:10|白黒エンジェルズ
|ω・`)ノ ヤァ

コタロウさん、門脈シャントの再手術日が決まりました!

9/27 に入院して、翌9/28 に手術予定です。

シャント手術としては今回で3回目(前回2回に分けて手術したので)、
手術歴で行くと4回目になります。
コタさん、本当によく頑張ってます。
今年6歳、麻酔のリスクも術後のリスクも高まっているとは思いますが、
本猫はいたって元気マンマンなので、今回も乗り切って欲しいと思います(´;ω;`)

ついでに、手術の時、お腹の脂肪もゴッソリ取ってもらっておいでね・・・|д゚)チラッ

さ、ママンは手術に向けて準備を開始しますかねー!


2016.09.12 15:13|白黒エンジェルズ
えーっと・・・何年ぶり?のブログ更新でしょうか(汗)

ご無沙汰しておりましたが、みんな元気でやっております。

と、言いたいところですが。

残念なお知らせです。

そもそも、何故久しぶりにブログを更新しようとしているかというと、

そう、備忘録のためです(笑)

そして、何故備忘録なのかというと・・・


コタロウさん、門脈シャント、再発しました。


遡ること2年前、コタロウの門脈シャントが見つかり、麻布大学で手術をしました。
で、その後、数値も正常に戻り、完治したと思われたのですが、
定期的に行っていた血液検査で、どうも肝臓の数値がおかしい。
正常値になかなか戻らず、かといってコレはヤバい、という程の数値でもなく、
元々シャントのせいで肝臓が小さかったこともあるので、そのせいかな?と思っていました。
肝臓のサプリメント(リバフィット)をのみつつ、3ヶ月ごとに血液検査をして
様子を見ていましたが、先月、院長先生から
「ずっと数値が良くないし、ちょっとシャントの検査してみましょうか」
との提案が。
前にもやった、TBA(総胆汁酸)とNH3(アンモニア)の検査です。

で、結果。

食前:NH3 = 138(基準値 0〜95)、TBA = 9.6(基準値 8.2以下)
食後:NH3 = 212(基準値 0〜95)、TBA = 119.3(基準値 14.9以下)

・・・・あちゃー orz

私 「TBA高いですね・・・」
先生「そうですねー・・・一度大学病院で検査して、原因確定した方がいいと思います」

まさかの再発疑惑。
まぁ、ある程度は覚悟していましたが。

で、本日、麻生大学付属動物病院へ再来し、CT検査を行ってきました。
麻酔をかけてのCT検査、コタ頑張りました。

検査が終わり、先生(前にも見てもらった先生)に画像を見せてもらいました。

「細い血管が出来てますね。」

画像を見ると、確かにピロンと何かが生えてる・・・。
門脈に入って行く血管から、余計な血管が生えてる・・・!!

「単一シャントなので、手術は可能です。マルチ(複数同時にシャントが出来る)だと
 手術できないけど、これなら出来るから、手術した方が良いと思います」

手術かぁ・・・とぼんやりお金の計算やら仕事の都合やらを考える。

「再発する子は何度か手術することもあります。今までで3回手術した子もいますね」

さ、3回も?!マジですか先生(汗)

ひとまずは、手術するかどうかを検討するということで帰宅。
しばらくはアンモニアを下げる薬(モニラック、ラクスローツとも言う)と
肝臓用の食事を取るように指示されました。

帰ってきてから、2年前のブログを見返すと、手術したのが9/17。
本当にちょうど2年前だったんだなー、と少し驚きました。

改めて2年前の記録(ブログに書いててよかった・・・)を見ると、
今よりTBAもNH3も数値が悪かったのが分かります。
症状は良くなってる・・・手術すれば完治するとは思うのですが、
なんせコタロウさん、既に3回も手術経験があり、4回目となると・・・
ママンの方がビビってしまいます。

でも、シャントは手術しないと完治しない病気。
手術しなければ肝硬変から肝不全、アンモニアによる脳性麻痺、
いくら薬を飲み続けたとしても治らない病気に苦しめられることは分かってるので
恐らく、というかまぁほぼ決定として、再手術はすると思います。

皆様、再びコタとママンに元気玉をおくれーーーー!!!

あ、今回のCT検査の費用は7万円ほどでした。
手術は前回と同じであれば、20万程度と思われます。

P.S.
コタさん、麻酔の影響か、帰ってきてからも少々ぐったりしてて、ママン心配(涙)
そしてコジがめっちゃシャーシャー言って攻撃するからママン半泣き(涙)

2015.01.28 21:03|ねこ
photo(2).jpg
ぐおーーーーーーーー(ぷすー)

本日、コタロウさん無事退院してきました!

前回の事件のこともあり、今回は万全の体制でお迎えに行きましたが、
本猫も前回より落ち着いていて、何事もなくお家に到着できましたw

病院の診察室でコタの入ったキャリーを受け取った時、
最初コタはじっと黙っていたのですが、
私を見た瞬間、「なぁーん!なぁーん!」と鳴き出したので
ママンはちょっとホロッとしましたよ(;_;)

その後、病院からの帰路(車で1時間)の間、ずーーーっと鳴いてましたけどね(汗)

家に帰ってきて一通りおうちチェックをした後は、
ママンにべっっっっっっったりで、顔の上やら胸の上やらで寝られて
ママンは苦しいけど幸せでした☆
(コジは私の上に絶対乗ってこないので久しぶりのモフモフ三昧・・・ハァハァ)

抜糸は2週間後なので、しばらくは服生活。
エリカラよりも術後服の方がストレスも少ないようです。
(大学病院でも「術後服、ピッタリですね!」と褒められました♪)

まだまだしんどいと思うけど、ゆっくり休んで元気になろうね。


ちなみに、今回の術前検査・手術・入院費は、

CT検査 約7万円
手術・入院費 約19万円

でした(白目)

あ、コジは相変わらず「シャーーー!」言うとりますw
気になるみたいで、近づいてクンクンしては、「シャー!」
でも手は出さない(威嚇のみ)なので、ま、1週間ほど様子見ですね(^_^;)
2015.01.21 22:00|ねこ
ご報告です。

本日、15:30から門脈シャントの再手術を行い、
無事シャント血管を完全に閉じることができました。

CT検査で、肝臓への血管ができているのは分かっていましたが、
術後の造影を見せてもらうと、前回はシャント血管を結索すると
全く肝臓への血管がなかった(肝臓へ血液が行ってなかった)のが、
今回は結索しても肝臓への血管がにょろにょろできていて、
肝臓へ血液が流れているのがはっきり見えました。

先生曰く、
「これだけ肝臓への血管ができていれば、完全に閉じても問題ないので
 今回の手術でシャント血管を閉じることができました。
 今後、1ヶ月間のアンモニア降下剤と、2ヶ月間の療法食を続けたら、
 その後は完治です」
とのこと!

完治!

完治できたんだ!!

その言葉を聞いて、本当にホッとしました。
担当してくださった先生もちょー笑顔でした(笑)
(先生、コワモテな感じなのですが、裏情報によるとちょー猫好きらしい)

今回も手術はずっと別室のモニターで見学していたのですが、
前回より切開幅も小さくて済んだし、手術自体の時間も短かくて済みました。
途中カメラのピントがズレまくって、
「ボケとる!ボケとる!見えんじゃないかーー!!」
と叫んでいたのは内緒・・・(てへぺろ)

術後にコタロウに会った時には、まだ朦朧としていましたが、
ゆっくり休んで元気になってもらいたいと思います(T_T)
まだこれから3日間は気が抜けませんが、大きな山は乗り越えられたかなぁと。

応援してくれた皆様、本当にありがとうございました!
1週間後、無事退院できたらまた報告します!!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ぐるママ

Author:ぐるママ
自分は猫だと信じて疑わない人間の母。齢3x年のバケ猫にゃり。


コタロウ

コタロウ
白黒エンジェルズ:旧名 ロク
2010年5月生まれ。
天真爛漫?ちょっと天然な男の子。
はなくちょ模様が特徴。


コジロウ

コジロウ
白黒エンジェルズ:旧名 ナナ
2010年5月生まれ。
人間嫌いの頑固者。
クールな眼差しが魅惑的な男の子。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いつもありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。