--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.28 21:03|ねこ
photo(2).jpg
ぐおーーーーーーーー(ぷすー)

本日、コタロウさん無事退院してきました!

前回の事件のこともあり、今回は万全の体制でお迎えに行きましたが、
本猫も前回より落ち着いていて、何事もなくお家に到着できましたw

病院の診察室でコタの入ったキャリーを受け取った時、
最初コタはじっと黙っていたのですが、
私を見た瞬間、「なぁーん!なぁーん!」と鳴き出したので
ママンはちょっとホロッとしましたよ(;_;)

その後、病院からの帰路(車で1時間)の間、ずーーーっと鳴いてましたけどね(汗)

家に帰ってきて一通りおうちチェックをした後は、
ママンにべっっっっっっったりで、顔の上やら胸の上やらで寝られて
ママンは苦しいけど幸せでした☆
(コジは私の上に絶対乗ってこないので久しぶりのモフモフ三昧・・・ハァハァ)

抜糸は2週間後なので、しばらくは服生活。
エリカラよりも術後服の方がストレスも少ないようです。
(大学病院でも「術後服、ピッタリですね!」と褒められました♪)

まだまだしんどいと思うけど、ゆっくり休んで元気になろうね。


ちなみに、今回の術前検査・手術・入院費は、

CT検査 約7万円
手術・入院費 約19万円

でした(白目)

あ、コジは相変わらず「シャーーー!」言うとりますw
気になるみたいで、近づいてクンクンしては、「シャー!」
でも手は出さない(威嚇のみ)なので、ま、1週間ほど様子見ですね(^_^;)
スポンサーサイト
2015.01.21 22:00|ねこ
ご報告です。

本日、15:30から門脈シャントの再手術を行い、
無事シャント血管を完全に閉じることができました。

CT検査で、肝臓への血管ができているのは分かっていましたが、
術後の造影を見せてもらうと、前回はシャント血管を結索すると
全く肝臓への血管がなかった(肝臓へ血液が行ってなかった)のが、
今回は結索しても肝臓への血管がにょろにょろできていて、
肝臓へ血液が流れているのがはっきり見えました。

先生曰く、
「これだけ肝臓への血管ができていれば、完全に閉じても問題ないので
 今回の手術でシャント血管を閉じることができました。
 今後、1ヶ月間のアンモニア降下剤と、2ヶ月間の療法食を続けたら、
 その後は完治です」
とのこと!

完治!

完治できたんだ!!

その言葉を聞いて、本当にホッとしました。
担当してくださった先生もちょー笑顔でした(笑)
(先生、コワモテな感じなのですが、裏情報によるとちょー猫好きらしい)

今回も手術はずっと別室のモニターで見学していたのですが、
前回より切開幅も小さくて済んだし、手術自体の時間も短かくて済みました。
途中カメラのピントがズレまくって、
「ボケとる!ボケとる!見えんじゃないかーー!!」
と叫んでいたのは内緒・・・(てへぺろ)

術後にコタロウに会った時には、まだ朦朧としていましたが、
ゆっくり休んで元気になってもらいたいと思います(T_T)
まだこれから3日間は気が抜けませんが、大きな山は乗り越えられたかなぁと。

応援してくれた皆様、本当にありがとうございました!
1週間後、無事退院できたらまた報告します!!

2015.01.14 22:19|ねこ
ねむい・・・
疲れたわ・・・(ぐぅ)

気がついたら、新年明けておりました(驚)
大変ご無沙汰しておりました。本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

えー、さて、前々から予定(?)しておりました、
コタロウさんの再手術が決まりました。
1/21(水)に決行です。

実は今日、1/14に再手術するかどうかを見極めるため、
麻布大学動物病院へCT検査に行っておりました。
前回の手術でシャント血管を完全には閉じてなかったのですが、
(半分くらいの太さになるように血管を糸で縛っていた)
ごく稀に、自然と血管が閉じてしまう子がいるとのことで、
開腹する前にCTでシャント血管の状態を確認することになっていました。

で、検査の結果、

シャント血管はまだ残っている状態でした。
ですが、前回は肝臓へ入る血管がほとんどなかったのに対し、
今回見ると、肝臓へ入る血管が出来ていて、CTの画像でもはっきりと見ることができました。
先生曰く、
「これは良い経過です。次の手術で完全にシャント血管を閉じることができると思います」
とのこと!

手術が成功し、シャント血管が完全に閉じられれば、
ご飯も何を食べても大丈夫!薬ももういらない!
そんな夢のような生活が!!

但し、術後1ヶ月間はモニラック(アンモニア降下剤)の投与と、
2ヶ月間は療法食(今の腎臓サポート)を続けること、とのこと。

手術は大変だけど、これを乗り切れば元気になれる。
コタロウ、がんばれ!ママンもがんばる!!

2014.10.12 10:36|ねこ
術後

お久しぶりでございます。
コタロウさん、術後2週間で抜糸し、今は裸族に戻っております。
お腹の抜糸跡がわかりますかね?
胸元から結構ざっくりと切られたので、傷口は大きめですが、
本猫は至って元気でございます。

術後服を、ベビー服改良して作ったのですが、かかりつけの先生に
「これいいね」と褒められました♪
また年明けに着ることになるので、洗って大事に取ってありますYO☆

しかし困ったことがひとつ…

コタロウさん、ヒルズのご飯を断固拒否!するのです。
たとえ缶詰であったとしても!
ロイカナしか食べてくれません。

ママン、コタのためにはりきって缶詰いっぱい買ったのにぃーーー!(号泣)


2014.09.26 15:12|ねこ
photo_20140926135435797.jpg
みなさん、ごしんぱいをおかけしましたにゃ。ぼくはげんきですにゃ。

9/25(木)に、コタロウさん、無事退院してきました!
心配していた3日間も問題なく乗り越えてくれたようで、本当によかったですε-(´∀`*)ホッ

今後はかかりつけ病院の方へ引き継ぎされ、そちらへ通うことになります。
抜糸までは抗生剤を、その後は前と同じく、アンモニア降下剤と k/d もしくは腎臓サポートの療法食で
次の再手術まで様子を見ることになりました。

しかし、まぁ、一筋縄ではいかないのが世の常というもの。
コタロウさん、帰宅時にやらかしてくれました・・・。

(以下、お食事中の方はスルーしてください)


14:00頃に麻布大学病院へコタロウをお迎えに行き、
「帰宅の準備ができましたので~」と呼ばれて診察室に入ると、
「んな~!んなぁ~お!!」とキャリーの中から鳴きまくりのコタロウさん。

アラヤダ、ママンがお迎えに来たのがそんなにうれしいのかしら♪

と思っちゃったりしたのが後に大間違いだと気が付きます・・・。

諸々の退院手続きを終え、さぁ!おうちへ帰ろうね!とコタロウを車に乗せ、いざ出発。
道中、ずーーーーーーーっと「なぁお!なぁーーーお!!」とお怒りのご様子。
「もうちょっとだから、もうちょっとだから!」となだめつつ運転してると、

・・・・・・・ん?

なんだ?この、

か  ぐ  わ  し  い  香  り  は  。


・・・・・・・・・まさか(滝汗)


うぎゃーーーーーーー!!!


コタロウさん、キャリーの中で、


オシッコ&ウン○を放出。


ちょ、おま、待て、ちょ、ちょ、ちょ。

動揺しまくりながらも運転中なので、とりあえず目についたコンビニの駐車場へ退避!

コンビニで確認したところ、


ええ、大惨事でした。


びっち○ちのヤツがべったりとね。


うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ


この時、コタロウはエリカラを付けてたわけです。
しかし当然ながら、ボディはそのままなわけです。

イコール、

傷 口 に も ウ ○ チ が ・・・ !!(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!


ちょ、おま、ちょ、待て、待て、待てって。


とっさに、車に積んでいたウェットティッシュで拭いてみたけど
そんなもんで足りるわけもなく。
コタはキャリーから脱出しようとする、私はそれを押さえつつウェットティッシュで
とりあえずキャリーの中を拭く、車内に充満するかぐわしいかほり・・・。

修羅場です。

とにかく、傷口をきれいにしなければ!早く帰らなければ!
焦る気持ちを押さえつつ安全運転で自宅に到着。

傷口はまだ完全にふざがってなかったのですが(抜糸前)、
そんなこと言ってられないので速攻でお風呂場→シャワーの刑。
タオル&ドライヤーで乾かして、作っておいた術後服を着せて、ひとまず解放。

・・・・・疲れました_ノ乙(、ン、)_

コタさんが「なぁお!なぁお!」と鳴いていたのは、ママンに会えてうれしいからじゃなく
「またどっか連れて行くんか!どこへ連れて行くんじゃーー!!」
とパニクっていたからだったんですね。
極度の緊張からおもらししちゃったわけです。

そらそうだ、知らないところにいきなり連れていかれた上に
怖い思いをして、そのあと1週間も放置されたんですから。

ごめんよ、ごめんよ、コタちゃん、ママが悪かったーーー。・゚・(ノД`)・゚・。

しかしその後も、帰宅時のストレスのせいか、げりっぴっぴ。
キレが悪いのでウンのついたお尻を床にズリズリズリ・・・。

ママン、二度目の発狂 (lll゚Д゚)ヒイィィィ!!


夜になって、ようやく落ち着いてくれました。
いつものコタロウに戻り、ママンべったりーで片時も離れません。

そうなってくると、面白くないお方が、約1匹。

コジロウさん、コタを見るなり、「シャーーーーーーー!!」
近づいて匂いを嗅ごうものなら、「ヴーーーーーーシャーーーーーー!!」

いつも病院から帰ってきたあとは威嚇しまくるのですが、
1週間居なかったせいか、コタのこと忘れちゃったようで、いつもより激しい威嚇攻撃!

ちょ、ちょ、ちょっと待て、待ってって、コジ、ね、ね。

ママン、三度目の修羅場。


コジ様には何とか、なだめてすかして撫でまくりで落ち着いてもらいましたが、
それでもまだコタに対して威嚇&攻撃してきます。
まぁ1週間くらい様子見ですかねぇ・・・(遠い目)

そんなこんなで、まだまだ落ち着かないぐる家、
でもま、にぴきが元気ならそれで良し!!

・・・かな?(´・ω・`)

あ、気になる今回の手術費用は、入院+薬などの諸費用含め、21万ほどでした。
(麻布大学では手術前に内金の5万円を支払うため、当日支払いは16万ちょいでした)
手術費用は病院によって大きく異なりますが、麻布大学は比較的良心的?な価格ではないかと思います。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ぐるママ

Author:ぐるママ
自分は猫だと信じて疑わない人間の母。齢3x年のバケ猫にゃり。


コタロウ

コタロウ
白黒エンジェルズ:旧名 ロク
2010年5月生まれ。
天真爛漫?ちょっと天然な男の子。
はなくちょ模様が特徴。


コジロウ

コジロウ
白黒エンジェルズ:旧名 ナナ
2010年5月生まれ。
人間嫌いの頑固者。
クールな眼差しが魅惑的な男の子。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いつもありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。